実績とプログラム

 

【就職実績】

平成24年度

一般2名,A型1名(精神2,発達1)

平成25年度

一般11名,A型1名(身体2,知的1,精神5,発達4)

平成26年度

一般8名,A型0名(身体1,知的3,精神1,発達3)

平成27年度

一般13名,A型0名(身体2,知的1,精神2,発達8)

平成28年度

一般8名,A型0名(知的3,発達4,高次脳1)

平成29年度

一般8名,A型0名(知的1,精神1,発達6)

平成30年度

一般9名,A型0名(知的2,精神4,発達3)

平成31年度(令和元年)

一般5名,A型0名(高次脳2,発達3)

令和2年度 

一般6名,A型0名(身体2,知的1,精神1,発達2)

 
 


質問:アス・トライでは何が学べる(得られる)のでしょうか?
 
答え:アス・トライを利用することで得られるものは、お一人おひとり異なります。一般的には次のようなものとご理解ください。

 

  • 漠然とした将来不安の軽減
  • しなやかな思考
  • 傾聴力(しっかりと話を聞く力)
  • 規則ただしい生活リズム
  • 心理的安全性の確保
  • 基本的労働習慣の獲得
  • 職業適性の理解
  • 自己分析(性格や行動パターン)
  • 自己理解(とくにストレングス)
  • 他者理解(他者を受容する)
  • 職業理解(組織理解)
  • ソーシャルサポートの構築
  • 相談できる力の獲得
  • 将来のキャリアプラン設計(就職後はとくに)
  • 社会生活技能(ソーシャルスキル)トレーニング
  • 職場実習による職業能力の確認
  • 職場環境適応チェック
    などです。





【プログラム】

自己理解を深める

 自己理解への第一歩は、現在のご自分を知り、その将来をイメージすることです。アス・トライのワークショップでは、「私の好きな事」「わくわくライフシート」など思考を言語化する試みを行っています。
 将来の夢や生き方、信念や価値観、長所・短所、能力・適性、学生時代に学んだこと、過去の経験、趣味、家族や友人などソーシャル・サポートも紙に書き出しイメージ化します。
 職歴のある方へは、各種検査ツールを用いてより詳細に、得手・不得手、興味の有無、価値観や行動特性、精神的ストレスや不安への対処行動などをお調べし、これから安心して働けるためのポイントをお伝えします。






アス・トライでよく使う職業適性や自己分析等の検査ツール

※取り扱う検査の一部です。全部で20種類ほど準備しています。お一人おひとりに合わせた検査を適宜実施し、本人が気づいていない職業適性や性格や興味、人間関係でとりやすい行動パターン、職業ストレス状態など多方面の角度からお調べします。なお検査料金は一切いただいておりません。

企業内の雇用管理の色々な場面で利用されることを目的として研究・開発され、わが国で最も広く活用されています。一般的学習能力や言語・数理・書記・形態・空間・運動・器用さなど全部で9つの適性能を確認する検査です。

 

職業選択に向けた基本的なステップ(適性・興味・価値観・行動特性)を確認するキャリアガイダンスのための検査です。PCを用いておこないます。

 

不適切な感情や行動をもたらす、代表的な不合理な信念の中核要素が測定できるものです。論理情動行動療法をセルフプレイするための検査になります。

 

検査結果からご本人の仕事ぶりを推測し、作業性格や作業態度、行動特徴など個人の性格面の特性をとらえようとするものです。

 

5つの性格タイプの傾向を判定します。自己理解や他者理解を深め、コミュニケーションの円滑化に役立たせます。

 

自分の主観的な思い込みや感情によって行動していないか、人との社会的な場面に現れる特性(愛他性・共感性・論理的思考性・気働き・社交性・行動力・援助的活動性)を客観的に知るためのものです。

 

現代のストレス社会を生き抜くためのチカラの主要因(ソーシャルサポート,セルフエフィカシーなど)や協調性や問題解決能力などについて、内心と行動のバランスを調べ、これらを活用することで健全な社会生活を送るための検査です。

 

自分の性格特徴や行動パターンに気づき、今後の自己成長をはかる手がかりとします。他者との違いに気づいたり、周囲とのコミュニケーションスタイルを見直すきっかけとしても利用できる検査です。

 

EQ(こころの知能指数)理論を背景とした信頼性の高いテストです。「自己対応」「対人対応」「状況対応」を測定します。現代の複雑化する社会環境や対人関係を考慮した特性を把握するテストです。

 

自分と職業の関係を振り返りながら心理的健康度をチェックし、ストレス状態やストレス対処法を身につけるためのツールです。職歴のある方は利用開始初期におこない、前職でのストレッサーの確認や適する職場環境の判断に用います。

 

5つの不安因子からプロフィールを測定します。欲求不満やストレスなどによる不安傾向をいち早く把握することは、いじめの早期発見や不登校・反社会的行動の予防になります。

 

ストレス・疲労の捉え方や対処行動の確立に向けたツールです。ストレス・疲労に関する自己理解を深め、解消方法を検討しながら、その解決策を考えることを目的としています。

 

他者からの否定的な評価を恐れることから、人前で話をしたり食事をするといった行動に対して過剰な不安を感じたりといった対人緊張度と障害度を測定することを目的としています。

 


わたしたちのプログラムの一部分をご紹介します!

PCを道具のように使いこなす

 PC(パソコン)やiPadといった情報端末を使い、希望される方には、OAスキルとして必要なWord,Excel,PowerPointの学習からスタートします。また、ステップアップとしてパソコンの資格(P検3級〜準2級またはMOS検定一般)取得に向けたサポートもおこなっています。模擬業務では、伝票入力のミスチェックからアンケート入力をおこない、専用のソフトで入力ミスがないかをチェックしながら、ミスを減らすための工夫(ルーラーや拡大鏡を用使う,指差し確認など)も身につけます。

 

仕事を構造化する

 最新の情報端末(iPhone、iPad、iPod touch)を活用し、予め訓練や作業の見通しを立てて構造化することで、安心して模擬作業や職場実習に取り組むことができます。
 模擬作業の結果、疲労やストレス、職場における姿勢や行動態度、就活スキルや身体的体力などを数値化し、可視化(図やグラフ)することで、ご自身の成長を確認することができます。また、就職後はスマホやタブレット端末を活用することで、引き続き安心できるサポート(6か月間)が受けられます。

 

その名もお掃除バスターズ☆彡

法人内の建物を巡回しながら、ビルの掃除やオフィスの備品管理など、ビルメンテナンスをおこなうための清掃チームです。2〜3名のチーム編成で、作業の所要時間は1〜2時間程度。清掃用具の運搬から作業手順の把握、リーダー編成によって業務遂行のレベルアップを図ります。仕事に携わると、獲得バッジ 『お掃除ルーキーの誓い』をGET!。職場体験実習の準備演習としても活躍しています。

 

VRを使った作業学習

弊社の健軍オフィスには、最新のVR機器を備えたスタジオを用意しています。そこではVRゴーグルを装着し、仮想空間の中で様々な作業体験をおこなうことが可能です。写真で紹介しているものはその中の一つ「JOB SIMULATOR」の画面です。プレイヤーは、最初はゲーム感覚でできる作業からVR体験をスタートします。ここでは画面内で指示されるタスクを、プレイヤーは自分の頭で考え、予測・想像しながら、一つずつクリアーします。その際スタッフは、プレイヤーの作業時間を毎回計測し、作業手順の記憶や作業遂行の習熟度などをモニターしています。ご本人の仕事の覚え方や不安になりそうな状況など、様々なデータをここで得ながらアセスメントをおこないます。

 

VR模擬面接

面接は、誰もが緊張する就活の一場面です。アス・トライでは、Face to Faceでの模擬面接(いわゆるリアル空間での個別面接)のトレーニングをこれまでもおこなってきました。ご利用者と面接訓練で関わる中、ご本人が獲得していく面接対応スキルには、段階的なステップを踏んでいることをそこでは知りました。その結果、面接対応が初めての方や対人緊張が強い方についてはVR(仮想現実)での面接が効果的なことに気づき、トレーニングの初期段階でおこなうことにしています。ぜひ一度、見学や体験の際にお試しください。

 

まだまだご紹介できないもの(そう、働くことを科学する道具たち)が、アス・トライには沢山あります。ぜひ見学でご確認ください。


【トレーニング概要】

*専門のスタッフが個別に、または少人数グループに対応してトレーニングをおこないます。

PC操作

  • Word、Excel、Powerpointを中心としたPC訓練です。それぞれのレベルや本人の身につけたいスキルに応じ、eラーニングを活用しながら訓練に取り組んでいただきます。

模擬作業

  • PC訓練で得たスキルを活かす実践的な模擬業務や、職業興味や職業適性を把握する上での簡単な模擬作業を行います。

JH(ジョブハンティング)

  • 就職活動。就活に重要な面接対策や履歴書対策はもちろん、書類選考・就職内定を勝ち取るための個別カウンセリングも行います。

WS(ワークショップ)

  • 1つのテーマについて作業や発言を通し、学びや創造、問題解決を体験します。大きく分けて、WORK/LIFEと自己理解/自己表現の2つのテーマで行っています。

HST(ヒューマンスキルトレーニング)

  • 仕事をする上での実践的なスキルを身につける訓練です。メモの取り方や電話のかけ方、言葉づかいなど会社に入ってから必要となるスキルを身につけます。

SN(ソーシャルネットワーキング)

  • SNS(FACEBOOK,twitter,Skype,USTREAM)を活用しながら、参加者同士の“ピア to ピア活動”をサポートします。また、不定期で企業見学や他の施設見学なども実施します。

 
<ポイント>
とくに一般企業からのリクエストに多いコミュニケーションのスキル・アップのためのワークショップやトレーニングに力をいれています。いずれも職場で求められる業務遂行力も同時に養える、より実践的で一般企業への就職を実現するための事業所です。

 




最新のeラーニングサービスも個別にご提供!!

eラーニング:パソコンやタブレット、スマートフォンを使ってインターネットを利用して学ぶ学習形態です。

アス・トライでは、大人になっても学び続けるためのオンライン学習をサービス利用者の方に提供しています。最新の知識やスキルをアップデートすることで、就職後の実務に直結するeラーニングサービスです。自己学習スタイルですので、自分のペースでいつでもどこでも、一般の社会人の人達と共に学びながらご自身の自己啓発を促します。