アス・トライ、熊本の就労移行支援事業所

熊本の就労移行支援事業所。ASU-TRi(アス・トライ)です。

電話でのお問い合わせ・ご相談はTEL.096-369-5967

〒862-0903 熊本市東区若葉1-6-3

ご挨拶・理念Greeetng & Mission

代表者あいさつ

院長写真

 多くの障がいを持つ方々が、「はたらきたい」という想いをお持ちです。
平成27年11月の厚生労働省の発表によれば、民間企業における雇用障害者数は45万3,133.5人と前年度より5.1%(21,908.0人)増加し、過去最高とのこと。とくに精神障がいの方の雇用の伸び率が大きくなったことは、とても嬉しく思いました。

 しかし、民間企業の障害者雇用率は1.88%(全国平均)。法定雇用率達成企業の割合が47.2%ということを考えると、まだまだ普通に就職して、あたりまえに働ける社会ではないと思います。企業でも多様性(ダイバーシティ)が叫ばれ、個人の違いも尊重される世の中に少しずつなってきています。

「もっと、今の現状を変えていきたい」この想いに共鳴したスタッフと共に「アス・トライ」を開所し、運営しています。小さな一歩ですが、ここから日本の障がい者就労を変えるソーシャル・アクションを起こしていきたいと考えます。(アス・トライ代表 山田 浩三)

<プロフィール>
 合同会社Human To Human代表社員。アス・トライ就労移行支援事業所代表・サービス管理責任者。KP5000(くまもとプロジェクト5000)構成員。熊本市障がい者自立支援協議会員委員。くまもと就労移行支援協議会事務局長。くまもと障がい者就業支援研究会世話人。熊本市精神障がい者就労支援ネットワーク連絡会委員。熊本市障がい者虐待防止連絡会議構成員。熊本県サービス管理責任者(就労分野)養成研修講師。第40回日本職業リハビリテーション学会熊本大会実行委員。日本職業リハビリテーション学会会員。日本自閉症スペクトラム学会会員。1965年生まれ。水俣市出身。熊本市在住。熊本リハビリテーション学院(現:熊本総合医療リハビリテーション学院)理学療法学科第4期生。現在、熊本市障がい者自立支援協議会就労部会に参加。平成23年度はガイド班リーダーとして、「熊本市障がい者就労支援ガイドブック(初版)」製作につとめた。平成24・25年度は福祉計画作成班のサブリーダーとして、熊本市内の障害福祉サービス(就労系)事業所の現況を調査しながら、熊本市障がい福祉計画(第4期)への提言に向け活動をおこない、第1回就労継続支援A型事業所向け研修会を開催した。平成27年度は、システム班のリーダーを務め、『施設プラグ』の開発と普及に取り組んだ。CMCA認定キャリア・カウンセラー、社会福祉士、介護福祉士、2級FP技能士。
 アス・トライではジョブサポーターとして、障がいをお持ちの方への就職のコーディネート、ご利用者の適性に合った企業開拓、職場実習・面接同行で東奔西走。「安心してはたらき続ける」「企業が求める人財づくり」を実現するためのシステム開発、プログラム開発にも取り組んでいる。また、各機関・団体・企業の関係者と共に「地域のネットワークづくり」等を自身のライフワークにしている。平成23年6月、合同会社Human To Humanを起業。同年9月にアス・トライ就労移行支援事業所を開所。最近は、一般企業の障がい者雇用支援にも取り組みはじめた。メルマガ(アス・トライNewsニュースにも執筆中)。立場や世代を越え、市民と一緒になって「社会を良くしたい!」と考えている。


「ミッション」&「4C」

アス・トライの「ミッション」

「われわれは、
 もっと多くの障がいのある方が、
 住み慣れた街で、
 安心して、
 普通にあたりまえに働ける
 社会を実現します」

アス・トライの「4C」

  • Chance(発見力)…常に情報へのアンテナを張りめぐらせる
  • Choice(踏み出し力)…自分の意思で仕事を選ぶ
  • Communication(伝える力)…自分の気持ちや想いを、相手にぶつける
  • Challenge(行動力)…常に挑戦する心を持ち続ける

ASU−TRi(アス・トライ)ビルダークリニック

〒862-0903
熊本市東区若葉1-6-3
TEL 
096-369-5967
FAX 096-369-5968

(営業時間8:30〜17:30)

お問い合わせ先
info@asu-tri.jp