わたしたちのミッション

アス・トライの「ミッション」

「われわれは、
 もっと多くの障がいのある方が、
 住み慣れた街で、
 安心して、
 普通にあたりまえに働ける
 社会を実現します」
 
 
アス・トライの「4C」

  • Chance(発見力)…常に情報へのアンテナを張りめぐらせる
  • Choice(踏み出し力)…自分の意思で仕事を選ぶ
  • Communication(伝える力)…自分の気持ちや想いを、相手にぶつける
  • Challenge(行動力)…常に挑戦する心を持ち続ける

スタッフ Staff & KP5000 Crew

代表者あいさつ

多くの障がいを持つ方々が、「はたらきたい」という想いをお持ちです。
平成28年12月の厚生労働省の発表によれば、民間企業における雇用障害者数は47万4,374.0人と前年度より4.7%(21,240.5人)増加し、過去最高とのこと。とくに精神障がいの方の雇用の伸び率が大きいことはとても嬉しく思います。

  しかし、民間企業の障害者雇用率は1.92%(全国平均)。法定雇用率達成企業の割合が48.8%ということを考えると、まだまだ普通に就職して、あたりまえに働ける社会ではないと思います。企業でも多様性(ダイバーシティ)が叫ばれ、個人の違いも尊重される世の中に少しずつ変化してきています。

「もっと、今の現状を変えていきたい」。この想いに共鳴する仲間と共に「アス・トライ」を開所、運営しています。小さな一歩ですが、ここから日本の障がい者就労を変えるソーシャル・アクションを起こしていきたいと考えます。(アス・トライ代表 山田 浩三)